yosei-ph01

開講にあたり・・・


大変お待たせしました。
一般社団法人動物対話協会では、動物対話士養成講座4期生の募集を開始します。

アニマルコミュニケーターではなく「動物対話士」の育成に力を注いでいきます。 アニマルコミュニケーターと動物対話士の違いは下記「動物対話士(R)とアニマルコミュニケーターの違い、とは」をご覧下さい。

動物対話士(R)養成講座は、動物対話基礎講座の初級から上級まですべて受講済みの方のみが学べる講座です
本講座を受講希望で基礎講座を受けていない方は2017年3月までにの動物対話基礎講座の初級から上級までを受講してくださればOKです。

今回の募集はピンク色のついた「動物対話士養成講座初級」です。

名称 備考
動物対話基礎講座初級 「うちの子」と本当に必要な関わりを学ぶ。
動物対話基礎講座中級 「うちの子」との動物対話を本格的に行うクラス
動物対話基礎講座上級 「うちの子」とテレパシーで動物対話する方法を学ぶクラス
動物対話士(R)養成講座初級 生きて目の前にいる第三者のペットさんと飼い主さんに、プロとしてセッションできるようになるためのクラス
動物対話士(R)養成講座中級 お空に帰ってしまった第三者のペットさんと飼い主さんに、プロとしてセッションできるようになるためのクラス
動物対話士(R)養成講座上級 第三者のペットさんと飼い主さんにセッションできるほか、
動物対話の素晴らしさを広げることが出来るクラス。全過程を修了後、認定試験に合格すると動物対話士を名乗ることができる。(一般社団法人動物対話協会に入会が条件)

養成講座受講のお申し込みはこちらのフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

動物対話士(R)とアニマルコミュニケーターの違い、とは


動物対話士(R)とアニマルコミュニケーターの違いは、一言で言うと、その存在が公に認められているか、自称で養成講座あるかという違いです。

動物対話士」とは読んで字のごとく、動物との対話を専門に行う人を指し、特許庁から【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】 の名称として登録商標の認可がされた、国によって認められている名称です。
そのため、動物対話士(R)という呼称は登録届出者の許可なく使うことはできず、その権利はHANAnが所有しています。動物対話士を名乗っていいのはHANAn認定の動物対話士(HANAn認定動物対話士養成講座上級修了者)のみです。(認定者以外の使用者は無許可・無認可使用者です。)

なぜ商標登録までして差別化を図らなければならなかったのか。
理由は大きく二つあります。

1)アニマルコミュニケーターと言ってもピンと来ない人がほとんどであること。
2)ペットの言葉を直訳しかしない(できない)アニマルコミュニケーターが多すぎて、私たちのしていることと区別する必要があったため。

アニマルコミュニケーションを知っている人の中には、 「アニマルコミュニケーションなんて受けなければ良かった」「私には霊感(特殊能力)がないからそんなの無理」などと言って、近づくことを拒む方が少なくありません。しかし、年を重ねるごとに「ぜんぜんそんなことないのにどうしてー?!」と首を傾げたくなるような話が増えてきて、私の心と頭はどんどん苦しくなっていきました。本当のアニマルコミュニケーションはそんなものじゃないのに!と。けれど、私のやっていることと、一般的なアニマルコミュニケーターがやっていることの区別をするための言葉が長いこと見つからず、「一緒にされたくない」というモヤモヤの中にいました。

そして2013年が明けたばかりのある日、「動物対話士」という言葉がふとひらめきました。
この印象的な言葉はいつになっても頭から離れることはなく、「これは本物のひらめきだ」と確信した私はこれを確固たるものにすべく、専門家の力を借りて商標登録をしました。節分過ぎに申請をして、認可されたのは夏真っ盛りの頃でした。

yosei-ph03動物対話士(R)とアニマルコミュニケーターの最も大きな違いは、「質問に対する回答の深さ」です。○○は好きですか?というひとつの質問に対して、「ハイ好きです」で終わらせるのではなく、他と比べてどのくらい好きなのか。 なぜそれが好きなのか。それがなかったらどう思うか。…などを独特の感性とスキルを使って深く深く聞き込んで聞く技術と心を持っているのが「動物対話士(R)」です。意思の疎通による「動物対話(アニマルコミュニケーション)」と「勝手に情報を覗きに行くリーディング」とを、しっかり区別できるのも動物対話士の特徴です。

動物対話士の大きな特徴の二つ目は、ペットの言葉を通訳するだけでなく 「 通訳だけで終わらせない、カウンセラー的要素を含んだセッションができること、です。これも動物対話士(R)の技術の一つです。

動物対話士(R)はペットの通訳はできて当然。そこに神秘性を持たせるなんてもってのほか。…という点に主眼を置いています。家族の言葉に神秘性を求めると間違った依存が起こります。動物対話士は間違った観念を飼い主さんに植えつけることはしません。
動物対話士(R)はペットの言葉や思いを汲み取った上で、その先の明るい未来をご提供する事が可能です。

クライアントさんが真に求められているものを感じ取り、どうすれば人とペットがよりよく共存して暮らしていけるかを考え、その情報をご提供できるのが、動物対話士です。

養成講座のお申し込みはこちらのフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

 

募集要項


動物対話士(R)養成講座募集要項

以下のステップで学びを深めていただくことにより、動物対話士(R)を名乗り活動できるようになります。

クラス
初級
受講資格 伊東はなんまたはこみやちかの開催する動物対話基礎講座を全クラス修了された方
(未受講生は2017年3月度の基礎講座への参加で間に合います。急ぎご受講ください。)
主な内容 養成講座初級の内容
<生きているペットとの動物対話>
・基礎講座の復習
・足元を固める
・本当の「動物対話」とは
求められているペットとの対話の本当の姿
・動物対話(アニマルコミュニケーション)に対する誤解と真実
・生きているペットのセッションと飼い主さんへの対応
第三者と関わることの重要性
・上手な質問の仕方(質問学Level-0)
・ 実践練習など
※受講後にできること:生きている子の個人セッション
開催日 2017年04月から2017年08月まで、毎月1回2~3時間×6回。
止むを得ない事情による日程の振り替えは、原則1回限り。
実習に入ってからの振り替えは受講生どおしで調整後、伊東はなんへの連絡をお願いします。
平日クラス:毎月第2火曜日11時~
(4/11、5/9、6/13・14(水)、7/11、8/8)

週末クラス:毎月第3日曜日11時~
(4/16、5/21、6/18・19(月)、7/16、8/20)

場所 HANAn 杉並サロン
東京都杉並区下高井戸1-11-23
京王線または世田谷線下高井戸駅北口から徒歩4分
受講料 初級:20万円(税込み)
募集期間 2017.02.11~2017.03.31まで
(動物対話基礎講座初級~上級まで受講修了していることが条件です
お申し込み方法 こちらのフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。※聞き違いや記録忘れ等を防ぐために、電話でのお申し込みは受け付けておりません。
※パソコン環境が整っていない方のお申し込みに限りFAX(03-3307-9357)でもお受けします。
受講料のご送金について HANAn指定の銀行口座にお振り込み願います。
銀行振込締切日:お申し込みから1週間以内(ペイパルの場合は通知が届いてから1週間以内)か、講座開始前々日の期日の早いほうまで
(本ページ公開当時の内容に誤記がありました。お詫びして訂正いたします)
※再受講・分割払いのご相談については個別にお問い合わせください※
お振り込み先:三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、ペイパル(カード決済・分割可能)のいずれかです。
※口座番号等は受講が確定された方にご連絡いたします
ご入金後のキャンセルおよびご返金について 【受講前のキャンセルについて】
キャンセルポリシーに基づきご返金します。
≪キャンセルポリシー≫
開催7日前・・・「お振込み額-振込み手数料」をご返金いたします。
開催6日前~4日前・・・「お振込み額の75%-振込み手数料」をご返金いたします。
開催3日前~前日・・・「お振込み額の50%-振込み手数料」をご返金いたします。
開催当日以降・・・ご返金はありません。
【受講中のキャンセル、解約について】
受講中のキャンセル、途中解約のお申し込みはお受けしますが、講座の残り回数に伴うご返金はお受けできません。あらかじめご了承くださいませ。
【HANAnの都合による講座中止の場合の返金について】
HANAnが一身上の都合等で、本講座そのものを中止する場合には双方が必ず連絡を取り合い、受講者の方の未受講分の受講料を精算しご返金いたします(金融機関手数料は当方にて負担いたします)。
養成講座の内容の非開示について 1.本講座において伊東はなんが受講者の方にお話しする内容は、伊東はなんの経験と著作からなるものを織り交ぜています。そのため本講座は著作権保護法による保護の対象となりますので、伊東はなんの許可なく録音・録画することを禁じます。もし許可なくそれらを行った場合には、以降の受講をお断りし、受講料の返金もいたしません。
また、伊東はなんが許可を行った場合についても、許可は受講者の方個人の私的利用の範囲であり、受講者の方が第三者に公開したり、複製することは禁じられています。
2.受講者の方が本講座の内容を以下のような方法にて、第三者に開示することも禁じられています。
・文章、イラスト等にして、ブログ・書籍等で第三者に公開すること。
・セミナーやそれに類する会合を開いて、第三者に内容を公開すること。
もし許可なくそれらを行った場合には、以降の受講をお断りし、受講料の返金もいたしません。
3.しかし受講者の方が本講座を初級から上級までの全課程を修了し、動物対話士(R)認定試験に合格後は、受講者の方の責任においてセミナーやそれに類する会合を開いて第三者に内容を公開することのみ許可します。これは著作権保護の観点からなる問題に加え、仮に本講座の情報が一般社団法人動物対話協会および伊東はなんの管理とサポートが及ばない形で流出した場合、第三者へ迷惑がかかる場合が十分に考えられるからです。
4.一般社団法人動物対話協会が許可をしていない状態で、受講生が本講座の内容を第三者に公開したり複製したことによって第三者が危険な状態に至った場合、一般社団法人動物対話協会および伊東はなんは一切の責任を負わないこととします。
その他 ※セミナールームは3頭の小型犬と2匹の日本猫がいます。あらかじめご了承ください。
※受講生の皆様におかれましては、大変恐縮ですが、多種多様なペットの飼い主さんがお見えになるため、ペットさんの同伴は不可とさせていただきます。
※講師である伊東はなんがどんな動物対話をしているかは、ブログ「HANAnのよもやま話」をご覧ください。日々つれづれ思うことを飾り気なく正直に綴っています。こちらから伊東はなんの人となりをご判断いただき、受講の際の参考にしていただければ幸いです。

【今後予定の講座】

クラス
中級
受講資格 動物対話士(R)養成講座初級を修了した方
主な内容 【参考】中級の講座内容を一部ご紹介
<亡くなったペットや離れたところにいるペットとの動物対話>
(内容予定)
・初級の復習
・動物と人の死生観の違い
・人と動物の霊界の仕組み。前世・過去世について。
・質問を極める(質問学Level1)
・霊界を感じるレッスン
・種による違いと特徴
・心と体を整える(Fas/B)
・ 実践練習など
※受講後にできること:生死・種類不問の個人セッション
開催日 基本的に初級の流れでそのまま続けます。
場所 HANAn 杉並サロン
東京都杉並区下高井戸1-11-23
京王線または世田谷線下高井戸駅北口から徒歩4分
受講料 中級:30万円(4期生以降)
※再受講・分割払いのご相談については個別にお問い合わせください※
募集期間 初級終了1か月前~中級開始前まで
お申し込み方法 こちらのフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。
※聞き違いや記録忘れ等を防ぐために、電話でのお申し込みは受け付けておりません。
※パソコン環境が整っていない方のお申し込みに限りFAX(03-6304-3138)でもお受けします。
受講料のご送金について 動物対話士(R) 養成講座初級に準じます
ご入金後のキャンセルおよびご返金について 動物対話士(R) 養成講座初級に準じます
養成講座の内容の非開示について 動物対話士(R) 養成講座初級に準じます
その他 動物対話士(R) 養成講座初級に準じます
クラス
上級
受講資格 動物対話士(R)養成講座級を修了した方 
主な内容 【参考】上級の講座内容を一部ご紹介
<動物対話士になるということ>
・動物対話士として必要なこと-1
・動物対話士として必要なこと-2
・動物対話士として必要なこと-3
・動物対話士として必要なこと-4
・個面談
・養成講座総復習 修了証授与
※受講後にできること:動物対話士を名乗り個人セッションができる
※動物対話士認定書授与(予定)
開催日 基本的に中級の流れそのままに続けます。
場所 HANAn 杉並サロン
東京都杉並区下高井戸1-11-23
京王線または世田谷線下高井戸駅北口から徒歩4分
受講料 上級:20万円(4期生以降)
※再受講・分割払いのご相談については個別にお問い合わせください※
募集期間 中級終了1か月前~上級開始前まで
お申し込み方法 こちらのフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。
※聞き違いや記録忘れ等を防ぐために、電話でのお申し込みは受け付けておりません。
※パソコン環境が整っていない方のお申し込みに限りFAX(03-6304-3138)でもお受けします。
受講料のご送金について 動物対話士(R) 養成講座初級に準じます
ご入金後のキャンセルおよびご返金について 動物対話士(R) 養成講座初級に準じます
養成講座の内容の非開示について 動物対話士(R) 養成講座初級に準じます
その他 動物対話士(R) 養成講座初級に準じます

セミナー参加時の注意とお願い


録音は不可です
HANAnの開催するセミナーはすべて録音不可となっております。
メモはご自由にお取りいただいて結構ですが、ご本人の覚書としてお使いください。
講座内容を第三者へ開示されることはいかなる手法をもってしても固くお断り申し上げます。
録音や開示が発覚した場合には、その場で情報の削除をしていただき、以降の出入りをお断りさせていただきます。

時間厳守でお願いします。と言っても早すぎも困ってしまいます…
サロンにお越しの際は時間厳守でお願いします。
あまり早く着きすぎると、準備中によりお部屋にお通しできなかったり、居留守状態になってしまう可能性があります。

【動物対話士養成講座 よくあるご質問】

基礎講座との違い
Q 基礎講座と養成講座の違いは何ですか?
A 基礎講座は「うちの子」とお話しできるようになるための講座。
養成講座は主に「第三者の方とそのペットさん」とのかかわりについて学びます。
ペットの有無
Q ペットを飼っていないのですが受講できますか?
A はい、大丈夫です。ただし、まるっきり飼ったことのない方はお申し込み前にご相談ください。
勉強会の理解度
Q 養成講座を受講したいのですが、基礎講座の内容に対する理解度に自信がありません。こんな私でも受講の申し込みをしていいですか?
A もちろんです。
基礎講座には再受講制度が設けられています(半額で受講できます)。
せっかくのシステムですので、大いに活用してください。
養成講座のお申し込みはこちらのフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。
家族が…
Q 私は習いたいのだけど家族が「怪しい」と言っていい顔をしません。どうやって説得したらいいですか?
A できれば受講前に一度、反対なさっているご家族と一緒にHANAnの対面セッションを受けてみることをおススメします。講師である伊東はなんを知った上で改めて受講のご相談をなされば、状況も変わってくるかもしれません。
今まで「あなたには失礼ですが、私はこういう世界を信じていません」とおっしゃる方へのセッションも数多く行っていますが、最後にはどなた様も「こんな世界もあるんですね」と、納得してお帰りいただいています。
おそらくご家族は「アニマルコミュニケーションション=テレパシー」 とか「動物は言葉を話さないのに『ペットと話せるようになる』とはナニゴト?!」と思っていて、そこにあなたとご家族との思いにギャップがあるのでしょ う。もしそれがアニマルコミュニケーションのすべてだとしたら、本当に怪しい…。私もご家族と同じような反応をすると思います。ちなみに、HANAnのお伝えしている動物対話関連の講座の主旨は次のとおりです。「ペットとの意思の疎通をより深くするための方法をお伝えする講座」 それ以上でも以下でもありません。なので、ご家族には「もっともっとウチの子の思いを知りたいの」という素直な思いをお伝えするのが一番だと思います。それでダメなら…、いったん見送って時期を待ちましょう。どうかくれぐれも、受講が原因で家族喧嘩などなさいませんように。
その他
どんなことでも遠慮なくお気軽にご相談ください。お問い合わせフォームはこちら。

養成講座に対する伊東はなんの思い


講座開講のきっかけ
動物対話士(R)(当時はアニマルコミュニケーターと名乗っていました)として仕事を始めた2007年、お会いするクライアントさんたちに対して不思議に思ったのが「どうして自分ちのペットの声を他人に聞いてもらうんだろう?」という、私にとっては極々素朴な疑問でした。そこでその疑問をクライアントさんたちに聞いてみた結果、全員から「自分では聞けるはずがない」という答えでした。でも、仕事柄見えてくるのは飼い主さんのかなりの高確率での思い込み。実はコミュニケーションができているという実態で、それ以外の何物でもないと感じました。なので、その思い込みをはずすことを主眼に置いて、アニマルコミュニケーション勉強会をはじめました。2007年3月のことです。
当時、アニマルコミュニケーションを学ぶ場は、受講生が先生の指定場所まで出向くか、DVDを見て独学するるかしかなく、地方に住んでいる方はなかなか勉強のチャンスが得られませんでした。そこで、「それなら私が」ということで、出張料等特別な加算なく、講師自らが地方に出向いてアニマルコミュニケーションのコツをお伝えする、ということをはじめました。それが「アニマルコミュニケーション勉強会」です。私は思いがけず、講師が自らアニマルコミュニケーションを教えに行った、日本で初めての人となりました。

養成講座勉強会が浸透してくると、「私もアニマルコミュニケーターになりたい」という声が次第に大きくなってきました。けれど勉強会は「うちの子」とお話しするためのレッスン。それに対してアニマルコミュニケーターは第三者様のペットに対しての接し方をお伝えするもの。似て非なるものです。そのため勉強会の内容を何度も練り直し、新しい情報を組み込み、ようやく養成講座の開講が実現しました。2010年のことです。

この間、アニマルコミュニケーションという言葉はゆっくりながら確実に世間に浸透し、 アニマルコミュニケーターという存在が増えました。それと同時にアニマルコミュニケーターの玉石混合時代となりました。誰がよくて誰がよくないということではありません。ただ、アニマルコミュニケーションを受けてがっかりした…とか、アニマルコミュニケーションなんて胡散臭い…という声がいまだに聞こえているのは事実。そして、アニマルコミュニケーションが一部の特権階級のものになっているように映っていることも事実です。 これを指して玉石混合と言っていますが、本来はそういうものではないと思っています。

本来「動物とのコミュニケーションは誰でもできること」です。

それを伝えるのが、ペットの言葉をお伝えする私たちの正しい立ち位置だと思っています。

HANAnの講座で目指す動物対話士(アニマルコミュニケーター)の姿とは、
・ペットの思いや言葉と、リーディングとを混在させず、ペットの言葉はペットの言葉として正しく伝えられる
・ペットたちの言葉を決して神秘的に飾り立てたりしない
・まっすぐなコミュニケーションを通して「うちの子らしい」情報を正しくキャッチしてそのままお伝えする
・どんな内容でも最後は笑顔で帰っていただけるようなサポートをさせていただく
・人とペットのそれぞれの自立を促すお手伝いをする
などです。

このたびの動物対話士養成講座では、本物の動物対話(アニマルコミュニケーション)を、真剣に習得したい方を募集します。

一般社団法人動物対話協会では、ペットと話せるだけのお手軽なアニマルコミュニケーターを量産する気はありません。動物対話士(R)養成講座では「人とペットが心地よく共存するためのカウンセラー」として存在できる動物対話士(R)を育てていきます。ペットに人のいうことを言い聞かせるだけでなく、飼い主にペットの言い分を押し通すだけでなく、両者話し合いの上、もっとも有効と思われる道筋を探るお手伝いができる動物対話士(R)、つまり「人とペットのカウンセラー」を増やしたいのです。

今までも仕事に対しては気を抜くことなく真摯に取り組んできましたが、この講座はさらに気を引き締めて全身全霊をこめて、知りえる知識を惜しみなく提供します。

そのぶん受講数が増えますが、受講生の皆様がスピリチュアルな世界にしか住めない「お花畑ちゃん」ではなく、私自身が体験したうえで、しっかりと一人立ちするために必要と感じられた内容です。座学だけでなく、ワークショップ形式の講座やディスカッション、実習をふんだんに取り入れて、じっくり、丁寧に、大切なことを漏れなくお伝えしていきます。

養成講座のお申し込みはこちらのフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

※一般社団法人動物対話協会の展開している動物対話は、新興宗教や霊感商法等のマルチまがいな事への勧誘は一切ございませんし、動物対話は心の隙間に付け入るものでもありません。また、一般社団法人動物対話協会の前身であるHANAnは、過去に一度も通信教育は行っておりません。もし一般社団法人動物対話協会やHANAnの名を語ったこれらに関することがございましたら、すぐにご報告ください。厳重にしかるべき措置をとらせていただきます※

 

講座のご案内

スケジュール

お客様の声

2017年7月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アクセスマップ

【住所】 〒168-0073 東京都杉並区下高井戸1-11-23
【Tel】 03-6304-3138